S&P GSCI商品指数の算出が開始された1991年4月11日には、S&P 500の終値は380ポイント、原油価格は1バレル当たり21ドルでした。その後の30年間において、原油価格は一時146ドル前後まで上昇し、S&P 500は4,000ポイントの大台を突破しました。また、BRICs諸国の台頭、中東情勢の不安定化、その他の様々な地政学的リスク、及び自然災害などの影響により、コモディティの需給動向が大きく変化する中で、コモディティ市場もその影響を受けてきました。こうした目まぐるしく変化する環境においても、S&P GSCI商品指数は市場の動きを正確に反映する指標として重視されてきました。

S&P GSCI商品指数は最も流動性の高いコモディティ先物で構成されており、世界生産量加重ベースで算出されています。S&P GSCI商品指数は単純な指数ですが、コモディティ市場の動きを反映する洗練された尺度であると言えます。指数の算出が開始されて以降、分散効果を高めるツールとして活用されると同時に、流動性の提供やインフレヘッジなどの役割も果たしてきました。


次の30年におけるコモディティ指数投資


コモディティ投資において30年という年月は非常に長い期間ですが、これからの30年間には何が期待できるでしょうか?

クリックして読む コモディティ指数のイノベーション:次の30年


S&P GSCI商品指数により、コモディティの過去、現在、及び未来を捉える

S&P GSCI商品指数は過去30年間にわたり、十分な情報に基づく投資判断を支援すると同時に、分散効果、流動性、及びインフレヘッジへの指数ベースのアクセスを提供してきました。今後はどのような役割が期待されるでしょうか?

動画を見る

S&P GSCI: A 30-Year History


リサーチ及び洞察

  • コモディティとS&P GSCI商品指数を理解する

    コモディティ市場へのエクスポージャーに対する理解を深め、アクセスを改善するためのツールについて知る

    記事を読む
  • コモディティについて再考する

    コモディティへの資金配分によって得られる恩恵について、大局的な観点から考察する

    記事を読む
  • S&P GSCIライト・エネルギー

    コモディティ指数においてエネルギーへの配分を低減することで得られるリスク/リターンのメリットとは?

    記事を読む
  • ポートフォリオにおける金の役割について考察する

    金はポートフォリオにおいて、あなたが考えるよりも幅広い役割を果たすか?

    動画を見る
  • パフォーマンス概要

    S&P GSCI商品指数のセクター及び単一コモディティに関する最新のデータを見る

    データを見る