コンテンツリスト

世界を変えたベンチマーク:ダウ・ジョーンズ・サステナビリティTMインデックスの20周年を記念して

S&P DJI ESGデータから見える 重要なトレンド

S&P 500® は、なぜ日本にとって重要 なのか?

世界を変えたベンチマーク:ダウ・ジョーンズ・サステナビリティTMインデックスの20周年を記念して

Contributor Image
Mona Naqvi

Global Head of ESG Capital Markets Strategy, S&P Global

はじめに
1999 年には単一通貨ユーロが誕生し、映画『マトリックス』が公開され、世界 初のグローバル・サステナビリティ・ベンチマークであるダウ・ジョーンズ・サス テナビリティ・インデックス(DJSI)の算出が開始されました。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスと SAM(現在は RobecoSAM)が共同開発した DJSI は、サ ステナビリティ指数の分野を切り開いたパイオニア的存在であり、算出が開 始されて以降、企業のサステナビリティ実践の在り方を規定する指標となって います。DJSI は 2019 年に 20 周年を迎えました。これを記念して、本レポー トでは DJSI の原点や、市場への影響、サステナブル投資の将来展望などに ついて考察します。持続可能性に優れた企業の間では、DJSI に採用される ことが大きな名誉であるとされています。企業は毎年、世界的に有名な DJSI ワールドに採用されることを目指しており、これほど企業行動に影響を及ぼし ているベンチマークは他には存在しないと考えられます。現在、世界中で利 用可能なサステナビリティ指数は 37,000 以上あり2、その数は 2017 年及び 2018 年だけで 60%増加しており、この業界は急速に変貌しています 。環 境、社会、及びガバナンス(ESG)のベンチマーク・ツールは大幅に増加して いますが、DJSI は企業のサステナビリティ・パフォーマンスを測るベンチマー クの国際基準であり、この指数を初めて開発してから 20 年が経過した現在 においても依然として重要な基準となっています。

1700 年代から 1970 年代:責任投資の原点
「責任投資」という概念は、投資の歴史と同じくらい古くから存在しています。 責任投資の歴史は 18 世紀まで遡り、当時はクエーカーやメソジストといった 宗教グループが「罪深い」投資を避けることについて指針を提供していまし た。例えば、シャリーア法に準拠した投資は宗教理念に基づく戦略であり、こ うした戦略は今日に至るまで、広範なサステナブル投資の枠組みの範囲内 で提供されています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

S&P DJI ESGデータから見える 重要なトレンド

Contributor Image
Mona Naqvi

Global Head of ESG Capital Markets Strategy, S&P Global

  1. はじめに

環境・社会・ガバナンス(ESG)に配慮した投資が急速に拡大しています。現時点 において、専門家が運用する全ての資産の 25%は、気候変動の影響、男女平 等、及び人権などの ESG 要因を投資判断に組み入れています。1 S&P ダウ・ジ ョーンズ・インデックス(S&P DJI)は 1999 年から ESG に対する取り組みを行って おり、ESG 指数のパイオニアとして同年に「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・イ ンデックス(DJSI)」の算出を開始しました。DJSI は 2019 年に 20 周年を迎えま す。

S&P DJI はサステナブル指数ソリューションの分野で引き続き業界をリードして います。S&P DJI は 150 以上の ESG ベンチマークを提供しており、サステナブル 投資の普及に貢献しています。この業界はここ 20 年間で大きな変貌を遂げまし た。当初は、社会的責任投資(SRI)においてセクターを除外する投資手法が注 目されていましたが、現在では広範な市場を投資対象とし、各企業のESG パフ ォーマンスに基づいて新たにウェイトを決定するアプローチが主流となっていま す。その背景として、ESG データの質が向上したことや、そうしたデータの入手が 容易になったことが挙げられます。当社では、ESG に関する厳密かつ新鮮なデ ータセットに基づいて S&P DJI ESG スコアを算出しています。当社のパートナー である SAM(RobecoSAM の一部門)は、20 年以上にわたってサステナブル投資 を実践しており、当社が ESG スコアを算出する際には、SAM の経験で培われた データを活用しています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

S&P 500® は、なぜ日本にとって重要 なのか?

Contributor Image
Priscilla Luk

Managing Director, Global Research & Design, APAC

  • この記事に含まれる指数 S&P 500

S&P 500 は、米国大型株の動向を表すベンチマークとして広く認められています。 同指数は米国の主要企業 500 社のパフォーマンスを測定するように設計されて おり、米国株式市場の時価総額の約 80%をカバーしています。2015 年末現在、 S&P 500 をベンチマークとする運用資産残高だけでも 兆 5,000 億米ドルを超え ており、この指数に連動する金融商品の運用資産残高は約  兆 2,000 億米ドル に及んでいます。 S&P 500 に基づく上場取引型金融商品は世界中の様々な市 場に重複上場されていますが、米国株式(特に S&P 500)に対する海外投資家 の投資需要を支えている要因は何なのでしょうか?

このレポートでは:

  • S&P 500 と日本の主要株式ベンチマークを比較します。
  • 世界の株式市場における S&P 500 の重要性を検証します。
  • S&P 500 のパフォーマンスと米国大型株アクティブ・ファンドのパフォーマン スと比較します。

S&P 500 と東証株価指数(TOPIX)の比較

S&P 500 及び TOPIX は米国及び日本の代表的な株価指数です。両指数は長年 にわたり、国内株式や株式ファンドへの投資のベンチマークとして一般的に使用 されています。2 ただし、米国と日本では経済情勢や金融市場の動向が異なるた め、両指数の内容も大きく異なります。 TOPIX は、東京証券取引所(第一部)に上場されている 2000 社の国内普通株 式から構成されています。一方、S&P 500 は米国の主要企業 500 社から構成さ れており、米国株式市場の時価総額の約 80%を占めています。両指数の構成銘 柄は、それぞれの浮動株調整後時価総額により加重されています。S&P 500 の 構成銘柄数は TOPIX の構成銘柄数の 分の に過ぎませんが、S&P 500 は銘 柄及びセクターのウェイトの点において TOPIX と同程度に分散されています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

「処理中です」 ...