コンテンツリスト

米国の代表的な株価指数であるS&P 500®とDJIA®の比較

S&P 500® ESG指数:環境・社会・ガバナンス(ESG)価値をコア投資に統合する

気候シナリオ、実質ゼロ、および不確実性

S&P 500® ESG指数: サステナブル・コアの定義

日本に焦点を当てる: カーボン・エフィシェント指数はどのようにESG環境を変えられるか

米国の代表的な株価指数であるS&P 500®とDJIA®の比較

Contributor Image
Garrett Glawe

Managing Director, Head of U.S. Equity Indices

S&P Dow Jones Indices

はじめに

米国大型株の動向を表す S&P 500 とダウ・ジョーンズ工業株平均®(DJIA) はともに世界で最も有名な株価指数となっています。これらの指数が開発 されたことにより、投資家が株式市場を測定する方法や、投資ポートフォ リオのパフォーマンスを評価する方法が変わりました。また、これらの指 数は、世界で最も成功している指数連動型商品やデリバティブ契約の基礎 としての役割も果たしています。

当社の推定によると、2019 年末時点で、S&P 500 をベンチマークとする 運用資産の総額は 112,000 億ドルを超えており、そのうち S&P 500 に パッシブに連動する運用資産は 46,000 億ドルに上っていました。一方、 DJIA をベンチマークとする運用資産の総額は 320 億ドルとなっており、 そのうち DJIA にパッシブに連動する運用資産は 280 億ドルに上っていま した1。

上記の推定によると、S&P 500 DJIA よりも多くの運用資産を集めてい ます。しかし、DJIA にもいくつかの強みがあり、例えば DJIA はよりシン プルな株価指数となっています。また、DJIAS&P 500 よりも長い歴史 を有しており、2021526 日には算出開始から 125 周年を迎えました。 過去のレポート2でも言及したように、DJIA に連動する投資商品の取引高 は、DJIA をベンチマークとする運用資産の残高よりも多くなっています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

S&P 500® ESG指数:環境・社会・ガバナンス(ESG)価値をコア投資に統合する

Contributor Image
Reid Steadman

Managing Director, Global Head of ESG & Innovation

Contributor Image
Daniel Perrone

Director and Head of Operations, ESG Indices

エグゼクティブ・サマリー
• S&P 500 ESG 指数は、環境・社会・ガバナンス(ESG)要因を銘 柄選択プロセスに組み込んだ指数となっています。

• 同指数は、ベンチマークとしての機能を果たすことができ、指数に 連動する投資商品の基礎として利用することも可能です。同指数は 市場の幅広い範囲をカバーし、業種を分散させているため、S&P 500 と同様のリターン特性を有しています。
• 同指数では、S&P DJI ESG スコア(4 ページを参照)や、その他の ESG データを使用して構成銘柄を選択しており、S&P 500 内の各 産業グループの時価総額の 75%をカバーすることを目標としてい ます。
S&P 500 ESG 指数では、タバコ会社、非人道的兵器に関与してい る企業、及び国連グローバル・コンパクト(UNGC)に準拠してい ない企業は除外されます。これに加えて、世界産業分類基準 GICS)の産業グループ内の企業の中で S&P DJI ESG スコアが下 位 25%に入っている企業も除外されます。
• 当社のメソドロジーにより、S&P 500 と比較してコンポジット ESG スコアが改善されます。このことはすべての産業に当てはま ります。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

気候シナリオ、実質ゼロ、および不確実性

Contributor Image
Ben Leale-Green

Senior Analyst, Research & Design, ESG Indices

エグゼクティブ・サマリー
• 温室効果ガス排出量実質ゼロ宣言に署名する運用機関が増え始めてお り、「ネットゼロ・アセットオーナー・アライアンス」および「ネッ トゼロ・アセット・マネジャーズ・イニシアチブ」に参加する運用機 関の資産はそれぞれ 5 兆 7,000 億ドルおよび 37 兆ドルに上っていま す

• 楽観的な目標を達成できたとしても、世界は 1.5℃シナリオを達成で きないと考えられています(図表 1参照)。
• 科学的コンセンサスによると、1.5℃目標を達成するためには、2050 年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする必要があります。一 方、2℃目標を達成するには、それよりも遅い 20702080 年頃まで に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする必要があります。
• 絶対的温室効果ガス(GHG)排出量削減(特定のシナリオを追跡す る)では、これらの目標達成に合致している一方で、相対的温室効果 ガス排出量削減(原指数に対する削減)はより適切ではあるものの、 必ずしもこれらの目標達成に合致していません。
S&P PACT 指数(S&P パリ協定準拠気候変動指数)は、絶対的脱 炭素化目標を達成するように設計されています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

S&P 500® ESG指数: サステナブル・コアの定義

Contributor Image
Margaret Dorn

Senior Director, ESG Client Engagement North America

Contributor Image
Reid Steadman

Managing Director, Global Head of ESG & Innovation

Contributor Image
Mona Naqvi

Global Head of ESG Capital Markets Strategy, S&P Global

Contributor Image
Daniel Perrone

Director and Head of Operations, ESG Indices

はじめに

サステナブル投資が拡大する中で、弊社では2019年4月にS&P 500 ESG指数の算出を開始しました。環境、社会、及びガバナンス(ESG)データに基づく指数は、企業が持続可能性に積極的に取り組んでいることを示すための単なる手段ではなく、投資家のポートフォリオにおいて小さな役割しか果たさない戦術的な投資を管理するためのツールでもありません。S&P 500 ESG指数及びその他のサステナビリティ指数は、戦略的かつ長期的な主要投資商品の基礎となるように構築されています。

ここ数十年にわたり、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスのようなESG指数に企業が採用されることは、持続可能性に配慮した責任ある企業として認められていることを示す証となってきました。こうした中で、企業はESG指数に採用されることを目指し、様々な利害関係者や目標を考慮しながら事業運営を行ってきました。しかし、世界的に有名なESG指数の採用基準は非常に厳しいため、ESG評価が最も高い一握りの企業しか採用されません。したがって、これらの指数では構成銘柄が偏る傾向があり、個人投資家や機関投資家はそれに伴うリスクを懸念しています。

S&P 500 ESG指数では、構成銘柄の選定基準にESG要因を組み込むと同時に、ベンチマークと同等のパフォーマンスを提供することを目標としています。S&P 500 ESG指数は、S&P 500構成銘柄の中の300社以上を採用しているため、S&P 500が持つ多くの特性を反映する一方で、サステナビリティ・プロファイルも改善しています。

本レポートでは、S&P 500 ESG指数の概要を説明します。この指数に関して投資家の興味を引く特徴は以下の通りです:

  • 指数メソドロジーが理解しやすい
  • 「財務的重要性」に基づいて指数を構築する
  • S&P 500 ESG指数とS&P 500のリスク・リターン特性が似ている
  • ESG特性の観点からすると、S&P 500 ESG指数はS&P 500よりも優れている
  • S&P 500 ESG指数のメソドロジーによって企業をどのように分類・選別するかを示す具体例となっている

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

日本に焦点を当てる: カーボン・エフィシェント指数はどのようにESG環境を変えられるか

Contributor Image
Ryan Heslin

Analyst, ESG Indices

Contributor Image
Mona Naqvi

Global Head of ESG Capital Markets Strategy, S&P Global

はじめに

S&P グローバル・カーボン・エフィシェント指数シリーズは、指数のカーボン・エクスポージャーを削減しつつ、ベンチマークと同等のリスク/リターン水準を維持するように設計されています。特にこの指数シリーズは、以下のような形で企業の行動変化を促します。

  • 温室効果ガス(GHG)の排出量を開示している企業については、指数におけるウェイトを10%引き上げることにより、企業における透明性の向上を促す
  • 企業が指数における地位を向上させることに努めている中で、低炭素型ビジネスモデルへの移行を促す

上記の2つ目については、(1)温室効果ガス排出量に関するTrucostのデータに基づいて企業のカーボン・パフォーマンスを評価し、(2)世界産業分類基準(GICS®)の各産業グループ内で企業を十分位数に分類し、(3)それに応じて指数における企業のウェイトを調整します。ただし、温室効果ガスの排出量は業種によって異なるため、弊社のメソドロジーでは産業グループ内における炭素排出量の分布を考慮し、現在の技術を活用して企業がどれだけ排出量を抑えられるかを評価した上で、企業のウェイトを調整します。

例えば、炭素効率が非常に高いエネルギー企業が、排出量分布の広いエネルギー産業の中で最上位の十分位数に入っている場合、その企業は同業他社よりもはるかに優れている可能性があるため、120%の大幅なウェイトアップに値します。一方、排出量分布の狭いメディア産業の中で最上位の十分位数に入っているメディア企業については、同業他社よりも少しだけ優れているに過ぎないため、20%の小幅なウェイトアップにとどまります。逆の場合も同じであり、炭素排出量の多いエネルギー企業が、最下位の十分位数に入っている場合、90%のウェイトダウンとなりますが、同じ状況のメディア企業では15%のウェイトダウンにとどまります(図表1参照)。このように、企業は指数における全体的な地位を向上させるため、炭素排出量を開示し、可能な範囲内で脱炭素化に取り組むことが奨励されます。

education-spotlight-on-japan-how-carbon-efficient-indices-can-shape-the-esg-landscape

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

「処理中です」 ...