climate-credit-analytics Market Intelligence /marketintelligence/jp/solutions/climate-credit-analytics content esgSubNav

Climate Credit Analytics

気候変動の影響と緩和策の重要性が広く認知されつつある一方で、その経済的なリスクと影響は十分に理解されているでしょうか?「Climate Credit Analytics」を活用すれば、ポートフォリオの気候変動エクスポージャを分析することが可能になります。

気候変動と信用リスクの関連性

気候変動により発生した新たなニーズ。それは気候変動をめぐる多様なシナリオがカウンターパーティや投資案件、ポートフォリオ等に及ぼす影響の評価です。こうした取り組みを支えるべく、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスとオリバー・ワイマンは、気候変動シナリオ分析と信用評価モデルを組み合わせた「Climate Credit Analytics」を提供しています。このツールは、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのデータ資源および信用分析機能と、オリバー・ワイマンによる気候変動シナリオおよびストレステストに関する専門知識を一体化したものです。


パンフレットをダウンロード

さらに詳しく

  • 包括的データ
  • 気候変動シナリオのリスク評価

独自のデータと分析

Climate Credit Analyticsでは、多様な気候変動シナリオにもとづき、生産高、燃料コスト、設備投資等、業界ごとに異なる財務パフォーマンス牽引ドライバーを導出します。さらにこのドライバーを用いて多様な気候変動シナリオにおける各企業の完全な財務諸表を予測します。使用するシナリオには、60を超える中央銀行と監督官庁から成る「気候変動リスク等に係る金融当局ネットワーク(NGFS)」作成のものも含まれます。

導出した予測をもとに、主要な炭素高排出セクターをはじめ、包括的で一貫性のあるセクター別モデルを構築できます。このツールでは、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスによる財務・業界別データ、高度な定量信用スコアリング・メソドロジー、TrucostおよびPanjivaの企業データ等、多彩な独自データベースと機能を最大限に活用しています。

独自のデータと分析

Climate Credit Analyticsの活用例:

  • 気候変動ストレステスト、シナリオ分析を実行しながら「気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」勧告に準拠
  • 規制当局、投資家、その他の多様なステークホルダーから寄せられる気候変動リスクの評価、情報開示、管理に関する要件への取り組み
  • 気候変動リスクをめぐる議論が高まりをうけ、意思決定者に向けた必要な情報・分析を提供

 

さらに、より幅広いシナリオにアクセスができ、様々なオプションをご用意しています。

  • 2050年の計画実現に向けて
  • 複数の温度目標と移行経路
  • 多様な炭素価格水準
  • 移行機会

気候変動と信用リスクの重要な相関関係を特定

お問合せ

業界に特化したデータベース

Climate Credit Analyticsは、高度でダイナミックなセクター別アプローチを通じて多業種・数千社にわたる企業に気候変動がもたらす金融・信用リスクについて、カウンターパーティ/ポートフォリオレベルでの分析を可能にします。

弊社のお客様

独自のリスクおよびシナリオ分析機能により、様々な気候変動シナリオにおける企業の信用リスク評価を提供します。


お客様のニーズをお教えください

お問合わせ

[ウェビナー]金融リスクとしての気候変動を乗り切るには

Climate Credit Analyticsについて、弊社の専門家がパネルディスカッションを行いました。

  • 低炭素経済への移行がカウンターパーティの信用力に与える潜在的な影響の評価
  • 増加する規制当局、投資家、その他ステークホルダーからの気候変動リスクの評価、情報開示、管理に関する要件への対応
  • 気候変動リスクに関する意思決定力の向上と低炭素経済への移行支援

 

視聴する(英語) >

関連情報・インサイト