グローバル市場には未知の変動要因が多く存在しており、それらをできるだけ排除したベンチマークが必要とされています。

S&P グローバル総合指数(BMI)は、世界初の浮動株調整後グローバル株価指数であり、同種類の指数の中で最も長い歴史を持ち、一貫したメソドロジーに従って算出されています。この指数は、包括的で信頼できるデータ・セットに基づいて構築されており、世界で最も規模が大きく、かつ洗練された資産運用会社やアセット・オーナーによって使用されています。

S&P グローバル総合指数の特徴:

  • 包括的な株式指数
  • 長期にわたる一貫したメソドロジー
  • 構成銘柄の重複がないモジュール構造のサブ指数
  • 様々な戦略指数の基礎

包括的な株式指数

S&P グローバル総合指数(BMI)シリーズは、世界の投資可能な機会を捉えるように設計されています。

この指数は50の先進国市場及び新興国市場を対象とし、11,000社以上の企業から構成されており、各構成国の時価総額の99%以上をカバーしています。また、この指数は容易に分解することができます。この指数には国、地域、規模、世界産業分類基準(GICS®)セクター、及びスタイルに基づく200,000以上のサブ指数があるため、投資家の様々なニーズに対応することが可能です。さらに、S&P フロンティア総合指数(BMI)は32のフロンティア市場をカバーしています。


S&P グローバル総合指数シリーズの対象国

Did you know?  知っていましたか?

韓国の分類

国別分類における最も大きな違いの1つは、韓国の分類です。S&P DJIでは2001年以降、韓国を先進国市場に分類しています。競合他社が算出する指数には韓国が組み入れられており、大きなウェイトを占めているため、発展途上の市場のウェイトに大きな相違が生じる場合があります。



S&P グローバル総合指数の規模別指数

S&P グローバル総合指数は、浮動株調整後時価総額が1億ドル以上で、なおかつ6ヵ月及び12ヵ月の出来高の中央値の基準を満たすすべての企業で構成されます。S&P グローバル総合指数は規模指数に分解され、この規模指数は各国内の累積時価総額の区切りに基づいています。

S&P グローバル総合指数の規模別指数


Did you know?  知っていましたか?

小型株

S&P グローバル総合指数は、小型株の時価総額の範囲をカバーする初のグローバル指数であり、小型株セグメントを網羅しているため、世界の小型株証券のパフォーマンスを表す最も包括的な指標となっています。S&P グローバル小型株指数の構成銘柄数は、競合他社が算出する同等の小型株指数よりも約2,500多くなっています.


長期にわたる一貫したメソドロジー

S&P グローバル総合指数は世界初の浮動株調整後グローバル・ベンチマークとして1989年に算出が開始されており、グローバル・ベンチマーク構成の基準を定めた指数となっています。この指数は30年以上にわたりほぼ一貫したメソドロジーに従って算出されており、一貫したユニバースを提供しているため、過去の市場分析や投資戦略のバックテストを行うことが可能となっています。過去の景気サイクルにおけるデータを得ることができるため、異なる市場環境下における実際のパフォーマンスを確認することが可能となります。

構成銘柄の重複がないモジュール構造のサブ指数

S&P グローバル総合指数は、柔軟かつカスタマイズ可能なビルディング・ブロック・アプローチを採用しているため、投資家は、国、地域、セクター、規模、及び投資スタイルの各セグメントについてシームレスなベンチマーク評価を行い、エクスポージャーを達成することが可能となります。この指数ファミリーでは、各セグメントの間で明確な区分が定義されているため、構成銘柄の欠落または重複がありません。したがって、投資家は市場全体をカバーできると同時に、エクスポージャーの重複を避けることが可能となります。


Did you know?  知っていましたか?

構成銘柄の欠落をなくす

競合他社が算出する指数では、例えばカナダの証券が除外され、構成銘柄の欠落が生じてしまう場合があります。S&P 先進国総合指数(米国を除く)では、米国以外のすべての先進国市場(24ヵ国)をカバーしているため、構成銘柄の欠落がありません。


様々な戦略指数の基礎

S&P グローバル総合指数は、1)パフォーマンスを測るベンチマーク、2)パッシブ投資商品の基盤、3)過去の市場分析や投資戦略のバックテストを行う際のユニバース、としての役割を果たします。また、S&P グローバル総合指数は、より複雑な戦略指数(例えば、ファクター指数やESG指数など)の基礎としても活用できます。一貫した過去データのある包括的なグローバル・ベンチマークを利用することで、より複雑な戦略指数やカスタム指数を構築する際に、意図しないバイアスを回避することが可能となります。


その他のリソース