コンテンツリスト

なぜ今、クリーン・エネルギーなのか

炭素ウェイト調整により、アジア株式の売上高当たり炭素排出量が減少する可能性がある

ビットコインの上昇は米国のゴールドラッシュを彷彿させる

揺れ動く投資機会

忍耐

なぜ今、クリーン・エネルギーなのか

Contributor Image
Phillip Brzenk

Head of Multi-Asset Indices

米国エネルギー情報局(EIA)は、風力、太陽光、水力、および地熱などの再生可能資源が生み出す電力が、2050年までに世界のエネルギー需要に対する供給の大半を占めるようになると予測しています1。再生可能エネルギーの利用は、ここ10年間にわたり飛躍的に増加していますが、再生可能エネルギーの消費水準は現在、従来型のエネルギー源の消費水準を依然として下回っています。

米国エネルギー情報局(EIA)は、風力、太陽光、水力、および地熱などの再生可能資源が生み出す電力が、2050 年までに世界のエネルギー需要に対する供給の大半を占めるようになると予測しています 1。再生可能エネルギー の利用は、ここ 10 年間にわたり飛躍的に増加していますが、再生可能エネルギーの消費水準は現在、従来型のエ ネルギー源の消費水準を依然として下回っています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

炭素ウェイト調整により、アジア株式の売上高当たり炭素排出量が減少する可能性がある

Contributor Image
Liyu Zeng

Director, Global Research & Design

以前のブログでは、アジア企業の炭素効率性を世界の同産業グループの競合他社と比較しました。今回のブログでは、S&Pグローバル・カーボン・エフィシェント指数のメソドロジーに従って、それぞれのS&Pグローバル総合指数ユニバースに対して炭素ウェイト調整を組み込むことにより、様々なアジア市場の売上高当たり炭素排出量1が減少する可能性について考察します。

さらに、十分位数ウェイト調整に産業グループ・インパクト・ファクターを乗じます。このファクターは高インパ クト、中インパクト、および低インパクトの産業グループによって異なります。産業グループ・インパクトは、各 産業ループ内の企業間における売上高当たり炭素排出量の格差と定義づけられています(図表 2 を参照)。高イン パクト産業グループ (エネルギー、素材、運輸、食品・飲料・タバコ、および公益事業)に属する企業は、炭素 ウェイト調整がより大きくなります。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

ビットコインの上昇は米国のゴールドラッシュを彷彿させる

Contributor Image
Jim Wiederhold

Associate Director, Commodities and Real Assets

最近におけるビットコインの熱狂は、1848年~1860年にかけて米国西部で起きたゴールドラッシュを彷彿させます。米国ではこの時期、金に対する熱狂が断続的に高まりました。金は19世紀において最も人気のあった安全資産であり、価値の保存手段でした。

最近におけるビットコインの熱狂は、1848年~1860年にかけて米国西部で起きたゴールドラッシュを彷彿させます。米国ではこの時期、金に対する熱狂が断続的に高まりました。金は19世紀において最も人気のあった安全資産であり、価値の保存手段でした。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

揺れ動く投資機会

Contributor Image
Anu R. Ganti

Senior Director, Index Investment Strategy

2020年に、市場は2つの大きな反転を経験しました。1つ目は、株式市場が3月の底値から大きく回復して力強く年を締めくくったこと、そして2つ目は、第4四半期に小型株とバリュー株が猛烈な勢いで復活したことです。

2020年に、市場は2つの大きな反転を経験しました。2つ目は、株式市場が3月の底値から大きく回復して力強く年を締めくくったこと、そして2つ目は、第4四半期に小型株とバリュー株が猛烈な勢いで復活したことです。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

忍耐

Contributor Image
Craig Lazzara

Managing Director, Global Head of Index Investment Strategy

リンドン・べインズ・ジョンソン氏は、ケネディ暗殺という衝撃的な事件が起こったその日に米国大統領に就任し、ベトナム戦争に起因する政治的な分断が深刻化する中で退任しました。1964年の選挙で地滑り的勝利を収め、重要な法案を成立させたにもかかわらず、ジョンソン氏は不遇な大統領任期を過ごしました。

• その後は、9 月 23 日までに 9.5%の下落、10 月 12 日までに 9.3%の上昇、そして 10 月 30 日までに 7.4% の下落となるなど、上下動を繰り返しました。
• 最後に、11 月から 12 月にかけて 15.2%上昇し、2020 年の取引を終えました。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

「処理中です」 ...