コンテンツリスト

ムーンショット指数:奇跡を起こす?

アドバイザーにとって、ESGをめぐる議論はどのように変化しているのか?

今、ESGが注目されている理由

ESG投資が一大ブームに!

テスラをS&P 500の構成銘柄に採用

ムーンショット指数:奇跡を起こす?

私が司会を務めた前回のブログでは、S&P Kenshoムーンショット指数(ムーンショット指数)と、その構成銘柄である次世代のイノベーション企業について紹介しました。この指数は、創業年数が浅く、なおかつ急速な成長が期待できるイノベーション企業を中心に構成されています。今回のブログでは、ムーンショット指数がアーリーステージの高成長企業を効果的に組み入れていることや、これら次世代のイノベーション企業が中堅イノベーション企業を大幅にアウトパフォームしていることについて説明します。

私が司会を務めた前回のブログでは、S&P Kenshoムーンショット指数(ムーンショット指数)と、その構成銘柄である次世代のイノベーション企業について紹介しました。この指数は、創業年数が浅く、なおかつ急速な成長が期待できるイノベーション企業を中心に構成されています。今回のブログでは、ムーンショット指数がアーリーステージの高成長企業を効果的に組み入れていることや、これら次世代のイノベーション企業が中堅イノベーション企業を大幅にアウトパフォームしていることについて説明します。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

アドバイザーにとって、ESGをめぐる議論はどのように変化しているのか?

Contributor Image
Shaun Wurzbach

Managing Director, Head of North American Client Coverage

私が司会を務めた最近のオンラインセミナーでは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのブリー・ウィリアムズ氏をお迎えし、環境・社会・ガバナンス(ESG)データやESG投資が現在、重要な転換点を迎えていることについて議論しました。時間の制約により、すべての質問にお答えすることができませんでした。今回の記事は、前回の「今、ESGが注目されている理由」の続編であり、1)ESGをめぐる議論がどのように変化しているか、2)ESGをめぐる議論が投資顧問会社またはウェルス・マネジメント会社、およびその顧客に対してどのように付加価値を提供するか、に関する2つの質問にお答えします。

私が司会を務めた最近のオンラインセミナーでは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのブリー・ウィリアムズ氏をお迎えし、環境・社会・ガバナンス(ESG)データやESG投資が現在、重要な転換点を迎えていることについて議論しました。時間の制約により、すべての質問にお答えすることができませんでした。今回の記事は、前回の「今、ESGが注目されている理由」の続編であり、1)ESGをめぐる議論がどのように変化しているか、2)ESGをめぐる議論が投資顧問会社またはウェルス・マネジメント会社、およびその顧客に対してどのように付加価値を提供するか、に関する2つの質問にお答えします。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

今、ESGが注目されている理由

Contributor Image
Shaun Wurzbach

Managing Director, Head of North American Client Coverage

私が司会を務めた最近のオンラインセミナーでは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのブリー・ウィリアムズ氏をお迎えし、環境・社会・ガバナンス(ESG)データやESG投資が現在、重要な転換点を迎えていることについて議論しました。このオンラインセミナーにおいて我々は、アドバイザーからの質問に回答しました。オンラインセミナーに参加できなかった方は、その模様をここからご覧いただけます。

私が司会を務めた最近のオンラインセミナーでは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのブリー・ウィリアムズ氏をお迎えし、環境・社会・ガバナンス(ESG)データやESG投資が現在、重要な転換点を迎えていることについて議論しました。このオンラインセミナーにおいて我々は、アドバイザーからの質問に回答しました。オンラインセミナーに参加できなかった方は、その模様をここからご覧いただけます。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

ESG投資が一大ブームに!

Contributor Image
Stuart Magrath

Channel Management, Australia and New Zealand

環境・社会・ガバナンス(ESG)投資は、アジア太平洋地域だけではなく、世界中のすべての地域において「一大ブーム」になっているように思われます。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスでは、ESG要因を組み込んだ指数を構築するために多くの時間と労力を費やし、ベストな方法を見いだすことに努めています。

環境・社会・ガバナンス(ESG)投資は、アジア太平洋地域だけではなく、世界中のすべての地域において「一大ブーム」になっているように思われます。S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスでは、ESG要因を組み込んだ指数を構築するために多くの時間と労力を費やし、ベストな方法を見いだすことに努めています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

テスラをS&P 500の構成銘柄に採用

Contributor Image
Hamish Preston

Director, U.S. Equity Indices

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは昨日、テスラを2020年12月21日(月)の市場開始前にS&P 500® に採用することを発表しました。指数委員会は、テスラを現在のどの構成銘柄と入れ替えるかについて決定していません。また、テスラの時価総額は非常に大きいため、どのようにテスラを採用するかについてもまだ決定しておらず、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスはこの問題に答えるために コンサルテーションを通じてフィードバックを募集しています。

当社の株価指数メソドロジーでは複数の適格性基準を設けており、指数に新規採用される銘柄は、時価総額基準お よび流動性基準だけでなく、好業績の実績などの基準も満たす必要があります(ただし、これらに限定されな い)。図表  はこれらの要件の概要を示しています。

pdf-icon PD F 全ての記事をダウンロードする

「処理中です」 ...