パリ協定では、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを達成することを指針としています。この指針に従うことを目指す環境意識の高い投資家を対象に、当社は様々な市場指数を提供するとともに、指数シリーズの拡充を図っています。S&P PACT™指数(S&P パリ協定準拠及び気候変動指数)は、欧州連合(EU)の低炭素ベンチマーク規制に準拠しており、企業の気候変動リスクと機会に関する詳細なデータセットと科学的根拠に基づく評価を活用しています。

当社の実質ゼロ・ソリューションに関する詳細については、以下をお読みいただくか、S&P PACT指数のパンフレットをダウンロードしてください。


指数を通じた気候変動リスクへの対応

S&P PACT指数の理念と設計、及び指数の算出に必要なデータについてご紹介します。この指数は、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする目標を強く意識している市場参加者のために開発されました。

動画を見る

S&P PACT指数の主なメリット

  • パリ協定に準拠している

    パリ協定の要件を十分に満たし、1.5℃シナリオに沿っているため、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする目標を達成することが可能である。

  • EUの低炭素ベンチマーク規制に準拠している

    欧州連合(EU)の低炭素ベンチマーク規制や、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に準拠している。

  • 幅広いエクスポージャーを提供する

    多くの気候目標に効率的に対応すると同時に、エクスポージャーを幅広く分散することで、ベンチマーク指数の構成に可能な限り近づける。


EUの低炭素ベンチマーク規制への準拠とは?

EUの低炭素ベンチマーク規制では、1.5℃シナリオに沿ったパリ協定適合ベンチマーク(PAB)と気候移行ベンチマーク(CTB)の2つのベンチマークをカバーします。S&P PACT指数は、パリ準拠指数及び気候変動指数の両方を組み入れたものであり、EUがPAB及びCTBで定めた最低基準に準拠しています。

EUの低炭素ベンチマーク規制への準拠とは?

上図ではハイレベルな要件だけを示しています。詳細については、EU CTB及びPABのラベル要件を参照ください。2021年8月23日現在の情報に基づいています。図表は説明目的のために提示されています。

S&P PACTメソドロジーは、実質ゼロ戦略の目標や、広範なESG要件を満たすように設計されています。S&P PACTメソドロジーの詳細や、パリ協定準拠指数と気候移行指数の違いについては、Net Zero and Broad ESG in One Indexをお読みください。


データ品質の重要性

当社の指数は、詳細な気候データを活用しており、企業の気候変動リスクと機会をより正確に評価することができるため、EUのベンチマーク規制の要件を十分に満たしています。

過去のデータだけでなく、フォワードルッキングなデータセットも使用することで、脱炭素化に取り組んでいる企業を選択し、1.5℃目標に準拠した企業をオーバーウェイトとする
気候変動による物理的リスクへのエクスポージャーを抑える。これにより、全体的な気候変動リスクに対応するとともに、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に準拠する。
全てのスコープ3排出量を組み込むことにより、企業のバリューチェーン全体にわたる温室効果ガス排出量をより正確に反映する。
化石燃料資源へのエクスポージャーを抑えることにより、座礁資産リスクを低減する。
パリ協定準拠指数については、ブラウン事業に対するグリーン事業の比率が高い企業へのエクスポージャーを増やす
 

S&P Global Trucostのデータにより、S&P PACT指数が強化されている

S&P DJI ESGスコアが高い企業をオーバーウェイトとする。S&P グローバルESGリサーチに基づくと、これらの企業は、1.5℃シナリオへの移行に貢献できる可能性が高いと判断される。


温室効果ガス排出量実質ゼロに向けた取り組み

S&P PACT 指数の算出に必要なデータセットについてご紹介します(スコープ3排出量、パリ協定、及び物理的リスクなど)

記事を読む

程度(温度)の問題

1.5℃シナリオに沿った対応を推進することにより、企業文化にどのような影響が及ぶ可能性があるか?ESG投資の将来はどのようなものになるか?

記事を読む

よくある質問(FAQ)

S&P PACT指数や、その背後にあるメソドロジー及びデータセットについて詳しく知る。

全ての記事を見る

S&P PACT 指数とは?

この指数は、ベンチマーク指数の中から選択された適格な株式のパフォーマンスを測定するように設計されています。この指数は、各リバランス時点で1.5℃の地球温暖化気候シナリオに指数レベルで適合し、その他いくつかの気候テーマ目的に見合うように銘柄を選択し、各銘柄のウェイトを設定します。PA及びCTは、それぞれS&P パリ協定準拠気候指数及びS&P 気候変動指数を表しています。

S&P PACT指数が開発された理由は何ですか?

この指数では、(a)気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)が提言した移行リスク、物理的リスク、及び気候変動機会を管理することを目指す要因、(b)「サステナブル金融に関するテクニカル専門家グループ(TEG)」が2019年9月の最終報告書において提言したEU気候移行ベンチマーク(CTB)及びEUパリ協定適合ベンチマーク(PAB)の最低基準、及び(c)フォワードルッキングなシナリオ分析などを組み込むことを目指しています。最終委任法案は2020年12月23日に公表されました。

これらの指数は、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを達成する目標にどれほど合致しているか?

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によると、「温室効果ガス排出量実質ゼロ」とは、特定の期間における大気中への人為的な温室効果ガスの排出量と、人為的な温室効果ガスの除去量が均衡した状態と定義されています。S&P PACT指数は、前年比7%の脱炭素化を達成することを目標としています。欧州連合(EU)のサステナブル金融に関するテクニカル専門家グループ (EU TEG)によると、IPCCの1.5℃目標に基づいた排出量シナリオを満たすためには、前年比7%の脱炭素化を達成する必要があります。このシナリオでは、2050年頃までに温室効果ガス排出量実質ゼロを達成できると見込まれます。したがって、この指数シリーズには「ネットゼロ2050」のラベルが付されています。