S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスは、新たな 環境・社会・ガバナンス(ESG)スコアを導入し、企業のESGパフォーマンスに関する洞察を投資プロフェッショナル、アナリスト、及び企業に提供しています。このスコアは、ESGデータに関する有名なスペシャリストであるS&P グローバル ESG リサーチが提供する業界で最も高く評価されているデータを活用しています。

S&P DJI ESG スコアは、当社の幅広い指数ベースのソリューションの一部であり、ESGへの関心の高まりに対応するように設計されています。


ESG マスタークラス

奥深いデータがESG投資に与える影響

ESGに関するデータ及びスコアは、指数構築やリスク/リターンにどのような影響を及ぼすでしょうか?S&P DJIのJaspreet Duhra、UBS アセット・マネジメントのAndrew Walsh、S&P グローバルのManjit Jusが、ESG評価の重要な役割について議論します。

動画を視聴する

業界基準を基礎とする

S&P DJI ESGスコアとは、S&P グローバルが毎年行うコーポレート・サステナビリティ評価(CSA)に基づいて算出されるスコアです。CSAとは、企業のESGパフォーマンスを評価するための調査ベースのアプローチであり、ESG要素の財務的重要性に注目しています。S&PグローバルのCSAリサーチ・メソドロジーは、20年にわたって蓄積された投資パフォーマンス・データに裏打ちされています。このリサーチ・メソドロジーでは、綿密かつ徹底的なアプローチを採用し、厳格な検証基準を設け、透明なデータ・ソースを用いています。CSAは、サステナビリティに関する最新の機会や課題を認識し、それに対応できる企業を見極めることを目的としています。各企業について、以下の基準に該当するかどうかを評価・検証します。
  • 重要なESG問題を認識し、ESG要因が果たすことのできる役割を理解している

  • ESGエクスポージャーが及ぼす可能性のある財務的影響について理解している

  • ESGリスクを管理する戦略や、ESG関連の機会を活用する戦略を実行している

  • 重要なESGパフォーマンス指標を測定し、戦略の有効性を評価している

  • ESGの戦略及び結果を確認し、外部監査を実施している

  • コーポレート・サステナビリティ戦略と、目標の達成状況に関して、透明性の高い情報開示を行っている


CSAでは、世界産業分類基準(GICS)に基づいて61の業種を設定し、それぞれの業種に固有の質問状を用意しています。業種によっては、企業レベル及び業種固有の1,000以上のデータ・ポイントが生成されます。CSAに参加する企業は、61の中の1つの質問状に回答します。

この非常に綿密なデータに基づいて、各業種に固有の基準スコアを算出する。次に、この基準スコアを集計してディメンション(環境、社会、及びガバナンス)スコアを算出し、最終的にトータルESGスコアを算出する。これら3つのすべてのレベルのデータにライセンスを付与しており、各業種間で比較及び分析を行うことが可能となっている。

業界基準を基礎とする

S&P DJI ESG スコアが重要な理由

S&P DJI ESGスコアは、S&P グローバルが行うCSAで広く採用されている実績のあるアプローチを基礎としており、業界レベルでこのスコアを正規化することで、幅広い用途に利用できるようにさらに一歩進めたものとなっています。このデータセットでは、最も影響力のある要因を強調し、重要でない分野のデータが欠けている企業にペナルティを課さないことで、企業のパフォーマンスの透明性を高めています。

分析の奥深さと関連性

  • スコアは、S&P グローバルが行うCSAに対する企業からの直接回答と、公に入手可能なデータに基づいている。
  • 企業は、それぞれが属する業界固有の基準に基づいて評価される。
  • スコアリングの枠組みは、S&P グローバルが行う CSAの財務的重要性分析に基づいており、この枠組みは業界固有のものでもある。

結果を重視する

  • このアプローチでは、認知度及び開示や特定のESG基準に関するデータの質及びパフォーマンスを達成している企業に対して高い評価を付与する。企業の行動が、定められた方針や期待されるベストプラクティスに沿っていることを確認するために、継続的なメディア及び利害関係者分析なども参考にする。
  • メソドロジーを継続的に改良することにより、各産業のESGベンチマークを推進することで、ベストインクラスのステータスに向けて継続的に高いハードルを設定する。

厳格な検証メカニズム

  • S&P グローバルのメディア及び利害関係者分析では、企業が利害関係者に伝える基準を守っているかを確認するために最新の内部チェック・アンド・バランスを提供する。
  • S&P グローバルが行うコーポレート・サステナビリティ評価(CSA)プロセスは、外部の大手コンサルタント会社による外部監査が行われる。

実務面:当社のESGスコアの活用

ポートフォリオからの除外/ベストインクラスのスクリーニング

スコアが低い企業を除外する、またはパフォーマンスが最も高い企業を見極めるために、投資可能ユニバースを定義する。風評リスクまたはパフォーマンス・リスクを抑える、またはESGをファクターに基づく戦略に統合することを目指す。

ポートフォリオ・ティルト

ESGパフォーマンスの改善を目標とする一方で、ベンチマークと同等のリターンを達成するか、またはESGをファクターに基づく戦略に統合することを目指す。

ESGの統合

ESG要因が財務実績とどの程度相関する可能性があるかを理解する。

株主の議決権とエンゲージメント活動

業界内でESGへの取り組みが遅れている企業を見極め、ターゲットを絞り、証拠に基づいた企業エンゲージメント活動を推進する。

ESG アクション・プラン

ESGへの取り組みに関して、自社と同業他社をどのように比較するかを理解し、ESGパフォーマンスの重要な要因を特定し、ESG戦略に役立てる。


データの入手可能性

S&P DJI ESGスコアのデータセットでは、2019年に約7,600社を対象としており、対象企業の過去履歴は2013年まで遡ることができます。購読者は、週次のSFTPデータフィード及びSPICEデータ配信プラットフォームを経由してデータにアクセスすることができます。これには、ユーザーが同業他社に対する企業のESGパフォーマンスを図表で表示することができるデータ可視化ツール機能も含まれます。

S&P DJI ESGスコアの購読には、トータルESGスコア、ディメンション・スコア、基準スコアに加え、対象となるメソドロジー年に評価された各企業に対応するウェイト、ランキング、識別子が含まれます。S&P DJI ESGスコアは、S&P グローバル ESGスコアにより補完されています。S&P グローバルESGスコアは、20年以上にわたり、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)の構成銘柄を定義するために使用されています。

購読に関する情報については、当社にお問い合わせください。


追加リソース


詳しく知る

S&P DJI ESGスコアに関する詳細や、購読方法については、当社にお問い合わせください